フェッテ・ロンドゥ・ジャンブ・アンレール②

男性と女性が二人で踊るグランパドドゥの最後に女性が見せる
大変華やかな回転技です。
片方の脚で水をかき回すような動きをしながら連続で回転していきます。

最初はピルエットでプレパレーションに入り、
片足がプリエをするのと同時に、ルティレにつけていた脚を
ドゥバンに出します。
そこからアラスゴンドに脚を持っていきます。
この動きがロンドゥジャンブになるのです。
アラスゴンドにしたら、その脚をルティレに持ってくるのと同時に
軸足もルルヴェで立ちます。
このときの体の向きは、ピルエットと同じで、
体の向きは時計の3の方向に、顔は正面に向いていてください。
ここから首を切り返して正面に体も戻します。
プリエと同時にドゥバンに出してまた同じように繰り返していきます。

フェッテはロンドゥジャンブをせずに、ただアラスゴンドに出すだけの
ダンサーもいます。
アラスゴンドに出すだけだと、放り出すようにして出すため、
雑に見えてしまいがちです。
見た目はロンドゥジャンブの方が迫力があり、丁寧に見えるので
グランフェッテを見る機会がある際は、そのあたりも
注目して見てみてください♪