シェネとは・・・?

シェネは直訳で、鎖、チェーンの意味があります。
1番ポジションのドゥミポアント、トウシューズであればポアントで
連続して鎖のようにつながって見えるような綺麗な連続回転です。

ピルエットとかに比べ、両足で回っていくので足の安定感はありますが、
シングルで終われるピルエットと異なり連続して回転するものなので
スポットの付け方が甘かったりすれば、すぐに目が回ってしまいますね…。

気持ちだけが先行してしまいやすいのが、このシェネです。
プロのダンサーを見ると、とても気持ちよさそうにクルクル
回っていますよね。
あれをイメージして回ろうと思うと、グルグル回りになり
目が回って自分がどこに行きたいのかわからない状態になってしまいます。

シェネで大切なことはグルグル周りではなく、一枚の面がパタンパタンと
ひっくりかえるのを繰り返すだけ!
首(顔)の切り替えしがピルエット以上にとても大切になります!