顔の切り替えし方

ここではシェネの顔の切り替えしを詳しく見ていきましょう!!

まずは、鏡を正面に、右方向へシェネをするとします。
スポットを取るために見るものをくまのぬいぐるみとします!
(実際はそうぬいぐるみが置いてあることはありませんが笑)

プレパレーションは、ピケから入る場合とシャッセから入る場合の
2パターンあります。
ピケよりもシャッセのほうが勢いがつくので、スピードを出しやすかったり
入りやすかったりします!!
ピケでもシャッセでも考え方は同じです!

右足を踏み出したら、すぐに鏡のほうに背中を向けます.
つまり、進行方向(ぬいぐるみの方)に左肩が向いている、
正面(鏡)から見たら後ろ向きに1番ポジションのドゥミポアントに
立っている状態です。

このときの顔ですが、ぬいぐるみを見ていてください。
目だけではなく、鼻でぬいぐるみを見るようなつもりです!
こうすると、正面から見たときは体は後ろ向きですが、顔は
左の頬が見えている横顔が見えます。

次にひっくりかえるとき、
まず顔が、先に右へ振ってもう一度すぐにぬいぐるみを見ます。
顔が動いてから、それにつられて体も正面に向けてください。
このこのときの形は、正面から見て体も表向きで顔は
進行方向、左の頬が見える形になります。

シェネはこれの連続です!
正面からみて横顔は常に左の頬が見えているような
イメージを持ってみてください♪