アンドゥダンピルエットとアンドゥオールピルエットの違い

アンドゥオールピルエットとアンドゥダンピルエットがごちゃ混ぜに
なってしまう方もいるのではないでいしょうか?
アンドゥオールとアンドゥダンでは、同じ右回りでも軸足が変わります。

~アンドゥオール・ピルエットの場合~
右回りのときは、左足前の4番ポジションで右手がアンナヴァン、
左手がアラスゴンドになります。
そこから左足を軸にして右足ルティレで右回りに回ります。
ルティレにする足が送っていくようにして回ります。

~アンドゥダンピルエットの場合~
同じく右回りのときは、アンドゥダンの場合、
右足前の4番ポジションで、更に左足は曲げずに
伸ばします。この時点で、右足にだいぶ重心を乗せて
いると思います。
そして右手が前、左手がアラスゴンドです。
そこから、左足をアラスゴンドに出すか、そのまま
ストレートにルティレに持ってきます。
今度は軸足を回転する方向へ腿の向きを回すようにして
回ります。
アンドゥダンは、右回りだと右に体が倒れやすくなってしまいます。
右の脇をしっかり立てて脇の空間をつぶさないようにしましょう!