4番、5番ポジションからのピルエット

アンドゥオールピルエットとアンドゥダンピルエットは、
一番よくやる、4番ポジションから回るピルエットと
5番ポジションから回るピルエットがあります。

どちらかというと、5番ポジションから回るピルエットの方が
やりにくいと思います。
5番からまっすぐ上にルティレに上がるだけ・・・と思えば、
重心がまたがっている4番よりもバランスの感覚は
掴みやすいと思いますが、なぜ、5番のが回りにくいのか・・・

4番の場合、脚が前後にまたがっているため、地に足が安定しやすいです。
それに比べ5番は両足が前後にくっついた状態でプリエをしているので足が
ひとつになりコンパクトになって骨盤は立てやすくなりますが、
回ることを考えると、その状態をキープしたままルルヴェに立つだけでなく
回転が入るので整えた体を崩さずにやるのが四番よりも難しいのです。
4番以上に軸足が抜けないでアンドゥオールし続けることが
大切になります。

ですが、逆を言うと、5番のピルエットが出来るようになると、
体を真ん中に集めてくる感覚がつかめるようになるので、
4番からも回りやすくなります。
5番からのピルエットも回れるように練習をしてみると
良いと思います!