ストゥニューとデトルネの違い

皆さんはストゥニューとデトルネの違いって分かりますが?

どちらの動きも足を5番に寄せるようにして半回転、
4分の3、1回転する動きです。

ですが、ひとつ大きく大きな違いがあります。
ストゥニューは足を一歩出してから、その足の前に
もう片方の足を5番に閉じながら回転をします。

それに対しデトルネは5番ポジションのプリエから
後ろの軸足に前の足を重ねるようにして5番のドゥミポアントに
集めてきます。そのまま回転をします。

回転をする向きですが、
ストゥニューの場合、右足を出したらその右足に左足を重ねます。
そうすると、左のクロワゼ5番になります。
そこから右回りをして右足前のクロワゼで終わります。
あとから重ねてきた足が軸足になります。
そこから腿をパタンと重ねるようにして
右足前のクロワゼ5番になります。
デトルネは、腿をパタンとしてひっくり返るのは同じですが、
一歩も出さずに、5番からルルヴェに立つのと同時に
ひっくり返ります。

ストゥニューとデトルネの違いをよくチェックしてみてください!