ピケアンドゥオールはどうやって練習する?

ピケアンドゥオールのひとつのコツは、シングルの場合、
「1回転」と思わないことです。
実際は半回転位しか回っていないのです。
それなのに、回ろうとおもって余計な力を入れてしまったり
勢い任せにやろうとすると、上半身と下半身がバラバラになり
ねじれた状態で回るようになってしまいます。

このターンも大切なのは、進行方向にきちんと足が出ること、
体が向くことです。そしてなるべく足をアンドゥオールすることが
とても大切になってきます。

まず、練習の仕方として、鏡を正面として練習していきます。
出来ることなら、リノ線の上で行えるととても良いです!
イメージは、一本の線の上をずっと真っ直ぐに進んでいく。
その線の上に右回転の場合、左足を寄せて立ってほしいのです。

これもまずは立つだけの練習をたくさんしてください!
右足アンフォンデュ(片足プリエ)で左足をアラスゴンド、
そこから、まず方向も何もつけずにその左足を
自分の真ん中に寄せてきて立つ!!
ひたすらこれを繰り返してください!!
とっても地味ですが、この立ち上がるタイミングが
まずはとても重要になります!!