ピケアンドゥオール

ピケアンドゥオールは、ピケアンドゥダンに比べて少し難しくなります。
右回りの場合、進行方向に向かって右足アンフォンデュ、
左足をアラスゴンドに出します。
そこから、その左足を右足に集めてくるように持ってきて、ピケで立ちます。
左足で立つときに右足をルティレに持ってきてアンドゥオールで
回っていき、また進行方向へプレパレーションして続けていきます。

男性の場合、ピケアンドゥダンよりもこちらのピケアンドゥオールの方が
一般的によく使われます。

こちらのピケアンドゥオールの方が難しくやりにくい回転だと思います。
アラスゴンドに出した足を自分の軸の中心に寄せてくるようにして
足を集めます。
その足にルティレで立って回ります。
ここで、お尻が抜けやすくなってしまったり、アンドゥオールせず
真っ直ぐに(パラレルのような状態で)
足を持ってきてしまうと、余計に回りにくくなってしまいます。

どのように練習すると良いのか、次の記事で少し考えていきましょう!