床を踏む、足の裏、指先で感じる意識!!

「ダブルは、シングルにプラス伸び上がるだけ」という考え方を
少し紹介しましたが、これはピルエットに限らす、
上に伸びるためには、脚が床を突き刺して立つ意識を
忘れないようにしてください!!

上に伸びて伸びて・・・とは言われても、上に伸びるだけだと
あばら骨が開いてしまって、胸がそってしまい、
後ろにバランスがもっていかれちゃうようになってしまいます。

上に伸びるためには、それに耐えられるだけの逆の方向に働く力が
必要となってくるのです。
それは、バランスでもピルエットでも、アテールでも同じことです。

ドゥミポアントの場合、足の指、肉球部分にあたるところが
真下に突き刺すように立ちます。
そこから一本のまっすぐな軸が上に抜けていきます。
下腹部をとおり、背骨側に抜けていきます。
その軸の上にたち、力は上に抜けていくイメージです!

上に伸びるためには、ただ、伸びるだけでなく、
下に突き刺す力も同時に必要なんだ!ということを
頭に入れてレッスンしてみてください!!