W3cSsg8D のすべての投稿

ピルエットの腕の意識は?

皆さんはピルエットを回るときに、足の意識だけでなく、
腕の意識もできていますか?

回転はどうしても足だけに意識がいきがちです。
ですが、腕の意識をしていくだけでも
ピルエットの感覚は少しずつ変わってきます!
アンドゥオールしなきゃ、膝伸ばさなきゃ・・・
色々と気をつけることはありますが、
それでも、腕や背中の意識は忘れてはいけないのです!

ピルエットの基本的なアームスの使い方は、
プレパレーションのプリエで開いて、
ルルヴェでアンナヴァンに集めてきます。
この集めてくるのがとても重要なポイントです!
開く勢いで回るのではなく、この集めてくる意識で
回るつもりです!
周りにある空気を自分の中心に集めてくるイメージを持ってください!

回るときにアンナヴァンのポジションが崩れてしまうと
より回り難くなってしまいます。
集めてきた空気をつぶすのではなく、
自分で抱えるつもりで回ってください!
そうすると、脇がつぶれずに背中から
包んでいるようなアンナヴァンをつくることが出来ます!

ピケアンドゥオールはどうやって練習する?その2

一つ前の記事では、アンフォンデュから立つだけの練習方法を
ご紹介しました!!
右足アンフォンデュから左足に立つとき、重心は左足の上にしっかり
移してください。これが中途半端に右に残った状態だと、
体は右に傾いてしまいます。
これに回転が加わると・・・・もうわかりますね(笑)
真っ直ぐ綺麗に回ることが出来ません。
自分の体の左半身に大きな「太い軸」があってください。
そこに自分がいてほしいのです!
一センチも右に行ってはいけません。

上に伸び上がるようにバランスをとるときは「細い軸」を
イメージしてほしいのですが、体が左右に傾く、自分の軸が
どこにあるかわからない!!と思ってしまうときは
太い頑丈な軸に自分が立つイメージを持つと良いと思います!

そして立つ練習ができたら、次は少しだけ方向をつけていきます。
鏡を正面にアンフォンデュして、立ち上がると同時に、体の向きが
時計の3を向きましょう!
これは普通のアンドゥオールピルエットと同様です!
立つだけの動きに、少し回転の要素を入れても、ぶれない
まっすぐな軸を作るために、この同じような地道な練習を
繰り返してください!!

ピケアンドゥオールはどうやって練習する?

ピケアンドゥオールのひとつのコツは、シングルの場合、
「1回転」と思わないことです。
実際は半回転位しか回っていないのです。
それなのに、回ろうとおもって余計な力を入れてしまったり
勢い任せにやろうとすると、上半身と下半身がバラバラになり
ねじれた状態で回るようになってしまいます。

このターンも大切なのは、進行方向にきちんと足が出ること、
体が向くことです。そしてなるべく足をアンドゥオールすることが
とても大切になってきます。

まず、練習の仕方として、鏡を正面として練習していきます。
出来ることなら、リノ線の上で行えるととても良いです!
イメージは、一本の線の上をずっと真っ直ぐに進んでいく。
その線の上に右回転の場合、左足を寄せて立ってほしいのです。

これもまずは立つだけの練習をたくさんしてください!
右足アンフォンデュ(片足プリエ)で左足をアラスゴンド、
そこから、まず方向も何もつけずにその左足を
自分の真ん中に寄せてきて立つ!!
ひたすらこれを繰り返してください!!
とっても地味ですが、この立ち上がるタイミングが
まずはとても重要になります!!

ピケアンドゥオール

ピケアンドゥオールは、ピケアンドゥダンに比べて少し難しくなります。
右回りの場合、進行方向に向かって右足アンフォンデュ、
左足をアラスゴンドに出します。
そこから、その左足を右足に集めてくるように持ってきて、ピケで立ちます。
左足で立つときに右足をルティレに持ってきてアンドゥオールで
回っていき、また進行方向へプレパレーションして続けていきます。

男性の場合、ピケアンドゥダンよりもこちらのピケアンドゥオールの方が
一般的によく使われます。

こちらのピケアンドゥオールの方が難しくやりにくい回転だと思います。
アラスゴンドに出した足を自分の軸の中心に寄せてくるようにして
足を集めます。
その足にルティレで立って回ります。
ここで、お尻が抜けやすくなってしまったり、アンドゥオールせず
真っ直ぐに(パラレルのような状態で)
足を持ってきてしまうと、余計に回りにくくなってしまいます。

どのように練習すると良いのか、次の記事で少し考えていきましょう!

ピケアンドゥダン

レッスンの最後にやるコーダなどでシェネと同じようにやるのが
このピケアンドゥダンだと思います!
「ピケ」「ピケターン」という言い方をします!
まず最初に練習をするときは、
右回りの場合、右足前の5番で準備します。
そこから左足アンフォンデュで右足をドゥバンに出します。
そして左足をルティレデリエール(膝の後ろ)につけます。

まずは、この立つだけの練習をたくさんしましょう。
このピケアンドゥダンは、1回転回る・・・という感覚ではなく
4分の3回転くらだと思うと良いと思います!
実際にはこれは連続で回転することが多いので、
ピケで立って4分の3回転したら降りて次の回転の
準備をしなくてはならないので、
1回転するという感覚だと、テンポを早くしていったときに
連続で何回もやるのが難しくなります。
4分の3回転くらい回ったら左足アンフォンデュで次のピケの
準備をしてください!

ストゥニューとデトルネの違い

皆さんはストゥニューとデトルネの違いって分かりますが?

どちらの動きも足を5番に寄せるようにして半回転、
4分の3、1回転する動きです。

ですが、ひとつ大きく大きな違いがあります。
ストゥニューは足を一歩出してから、その足の前に
もう片方の足を5番に閉じながら回転をします。

それに対しデトルネは5番ポジションのプリエから
後ろの軸足に前の足を重ねるようにして5番のドゥミポアントに
集めてきます。そのまま回転をします。

回転をする向きですが、
ストゥニューの場合、右足を出したらその右足に左足を重ねます。
そうすると、左のクロワゼ5番になります。
そこから右回りをして右足前のクロワゼで終わります。
あとから重ねてきた足が軸足になります。
そこから腿をパタンと重ねるようにして
右足前のクロワゼ5番になります。
デトルネは、腿をパタンとしてひっくり返るのは同じですが、
一歩も出さずに、5番からルルヴェに立つのと同時に
ひっくり返ります。

ストゥニューとデトルネの違いをよくチェックしてみてください!

アンドゥダンピルエットとアンドゥオールピルエットの違い

アンドゥオールピルエットとアンドゥダンピルエットがごちゃ混ぜに
なってしまう方もいるのではないでいしょうか?
アンドゥオールとアンドゥダンでは、同じ右回りでも軸足が変わります。

~アンドゥオール・ピルエットの場合~
右回りのときは、左足前の4番ポジションで右手がアンナヴァン、
左手がアラスゴンドになります。
そこから左足を軸にして右足ルティレで右回りに回ります。
ルティレにする足が送っていくようにして回ります。

~アンドゥダンピルエットの場合~
同じく右回りのときは、アンドゥダンの場合、
右足前の4番ポジションで、更に左足は曲げずに
伸ばします。この時点で、右足にだいぶ重心を乗せて
いると思います。
そして右手が前、左手がアラスゴンドです。
そこから、左足をアラスゴンドに出すか、そのまま
ストレートにルティレに持ってきます。
今度は軸足を回転する方向へ腿の向きを回すようにして
回ります。
アンドゥダンは、右回りだと右に体が倒れやすくなってしまいます。
右の脇をしっかり立てて脇の空間をつぶさないようにしましょう!

4番、5番ポジションからのピルエット

アンドゥオールピルエットとアンドゥダンピルエットは、
一番よくやる、4番ポジションから回るピルエットと
5番ポジションから回るピルエットがあります。

どちらかというと、5番ポジションから回るピルエットの方が
やりにくいと思います。
5番からまっすぐ上にルティレに上がるだけ・・・と思えば、
重心がまたがっている4番よりもバランスの感覚は
掴みやすいと思いますが、なぜ、5番のが回りにくいのか・・・

4番の場合、脚が前後にまたがっているため、地に足が安定しやすいです。
それに比べ5番は両足が前後にくっついた状態でプリエをしているので足が
ひとつになりコンパクトになって骨盤は立てやすくなりますが、
回ることを考えると、その状態をキープしたままルルヴェに立つだけでなく
回転が入るので整えた体を崩さずにやるのが四番よりも難しいのです。
4番以上に軸足が抜けないでアンドゥオールし続けることが
大切になります。

ですが、逆を言うと、5番のピルエットが出来るようになると、
体を真ん中に集めてくる感覚がつかめるようになるので、
4番からも回りやすくなります。
5番からのピルエットも回れるように練習をしてみると
良いと思います!

フェッテ・ロンドゥ・ジャンブ・アントゥールナン④ ~動脚~

フェッテは、軸足はルルヴェアップを続けていますが、動脚は
ずっとロンドゥジャンブを続けています!!

ここで、このロンドゥジャンブをするときに注意してほしいことが
いくつかあります!!
まず、ドゥバンから、アラスゴンドに持ってくる際、
本当に真横まで脚を持ってきてしまおうと思うと
軸足のアンドゥオールがなくなってしまい、ルルヴェに
立ち上がる前からお尻が抜けてしまいます。
真横と思わずに斜め前くらいで大丈夫です!!
ものすごく股関節が柔らかい方は真横でも
良いかもしれませんが、なかなか真横まで綺麗に
ロンドゥジャンブできる方は少ないと思うので、
真横ではなく少し斜め前のイメージを持ってください!

そこから今度はルティレに持ってきます!
ここもひとつ注意点があります!!
アラスゴンドからルティレに持ってくるときに
つま先やかかとが、自分の体よりも後ろに行かないように
注意してください!
横に出したら、そのままストレートにルティレへ持ってきて
ほしいのです!!
ここは、普通のロンドゥジャンブ・アンレールと同じです!
つま先が後ろに抜けてしまうと、膝も前向きになってしまい
綺麗な動きに見えません。
無理やり回しているように見えてしまいます。
それでは、せっかく頑張ってたくさん回っていても
綺麗に見えないのでは、とても悲しいですよね・・・。

動脚は、真横ではなくすこし斜め前へ、
そしてそこからルティレへ持ってくるときに
つま先が自分の体よりも後ろへ抜けないように
注意してください!!

フェッテ・ロンドゥ・ジャンブ・アンレール③

グランパドドゥはとても体力が要ります。
二人で踊るアダージョがあり、男性と女性のヴァリエーションののち、
お互いの技を見せ合うようなコーダがあります。
そこでよく見かけるのが女性の32回転のフェッテですよね!!
とても華やかで会場中が熱くなります!!

とても疲れている中でなぜ32回転も回りきることができるのでしょうか…

とても力が要るように思える連続技ですが、実は力は要らないのです。
上に伸び上がるイメージです!!
フェッテはロンドゥジャンブをすることによって、力を中心に集める
手助けをしてくれます。
そのロンドゥジャンブの力を利用すれば、半分の16回くらいなら
楽に回れるようになります!
ロンドゥジャンブからルティレに持ってくる瞬間にキュッと
中心に集めるイメージを持ちます。
ただ集めるだけだと、左脇が負けてしまい、どんどん左へ傾いていって
しまうので、集めたものを上へ逃がすイメージを持ちましょう!

そうすることで、軸足への負担がかかりにくくなり、
連続で回っても疲れにくくなるのです!
足の力だけに任さず、上半身と下半身のコーディネーションや
タイミングが良くなれば。32回転でもそこまで疲れずに
回れるようになるのです♪