「軸」とは

「軸」という言葉は、あるものの中心に存在する一本のまっすぐな線のことを表します。
回転で言えば、回転の中心となる直線のことを軸(回転軸)といいます。
バレエをやる上でとても重要な軸ですが、回転をするにあたって最も意識しなくてはならないのがこの「軸」だと思います。
ピルエットは一本のまっすぐな軸を中心として、体が時点する動作です。
その軸が少しでも斜めに向いてしまえば、体も斜めになりバランスを崩してしまいます。
回っている最中に背中が仰け反ってしまったり、軸足のアンドゥオールが抜けてしまったりすると軸を失ってしまいます。

ただ軸の上に立つだけだったらできるのに、回ってしまうとすべてダメになってしまう・・・そういう方も多いのではないでしょうか?
片足で立つ動作に回転力が加わることで、その回転に体が振り回されてしまい、きちんとした姿勢で立つことができなくなってしまうのです。

ピルエットのバランスで回るということは、一本のまっすぐな軸の上に体が重なり、その姿勢を保ち続けることで回転の力が加わっても、ブレずに立って回ることができるのです。