ピルエットの下半身の意識

ピルエットを回るとき、下半身はどんなことを意識したらよいでしようか。

まず、プレパレーションからルルベパッセに立つ瞬間、足の裏全体で床を感じ、強く床を押して蹴るように立ち上がる意識をしてみてください。 ピルエットは重心の位置をすばやく移動します。自分のバランスの位置に早く体を持ってくることで軸の上で回ることが出来るようになります。

パッセに持ってきた脚ですが、回り始めてから回り終わるまでパッセの三角が内側に閉じてこないように意識していきましょう。上半身は回る方と反対側の背中を意識しましたが、下半身は回る方のパッセの膝と腰を外に外に送っていくように意識してください。左側の背中と右の骨盤を一本の線でつなぎ、その線の関係性を保ったまま少しも緩むことなく回るイメージです。

左の背中で送り、右の腰が先行して回る、この関係を崩さずに回れるようになれれば、上達への道も見えくると思います!