上半身の意識

先ほどの下半身の意識と少し重複してしまうのですが、上半身の意識についてまとめて行きましょう!

右回転の場合、まず、腕を振り回して回るのではなく背中に息を入れるように肩甲骨が横に開く意識を持ちましょう。右側の上半身が先行して回るのではなく、反対側の背中で押して回っていくようなイメージです。

背中から開いた右腕を追いかけるようにして左腕を背中から送っていきます。体を中心に集めてくるようなイメージを持つと良いと思います。

アンナヴァンの形は肘を横に引っ張り、肩甲骨も横へ引っ張るようにして広くしていきます。そうすることでバランスを保って回ることが出来ます。背中が体を支えるような感覚が掴めるようになるとベストです!

上半身の前面の意識としては、胸や肩に力が入りやすくなってしまうのがピルエットの上半身には起こりやすい現象です。息は体の中に取り込みますが、それを胸に入れるのではなく背中側に入れると思ってください。そうすることで胸に力が入りにくく、また肋骨(あばら)が開くのを防ぐ方法にもなります。