最初の踏み込み(プレパレーション)

ピルエットは顔をつけたり、しっかり軸足の上に立つ、肩があがらない、回っているときのアンナヴァンを崩さないなど、注意点がたくさんありますが、回りはじめの踏み込み(プレパレーション)で回れるかどうかが決まると言ってもいいほど最初の踏み込みは大切なのです。

まず、4番ポジションですが、バーでやるプリエは前と後ろ、両方の足のちょうど真ん中に重心を乗せます。どちらの足にも同じ分だけの体重が乗りますね。ですが、ピルエットの場合、4番プリエのプレパレーションの時点で、前の足の方に少しだけ多めに体重を乗せます。前の足に重心を少し乗せておくことで、軸に立ち上がるときに体重の移動が少なくなり、そのまま重心が乗せてある前足にすぐ立ち上がるイメージです。
もちろん、後ろの足も床をしっかり踏んでおきます。足の裏全体で蹴り上げるようにしてすぐ膝の所までパッセを持ってきます。

ピルエットのプレパレーションは足の裏を感じて立ち上がること、少しだけ前の足に重心をかけておくと真ん中にどっぷり体重が乗っているよりは重心移動もスムーズに軸の上にすぐ立てるようになってきます。腕の使い方や筋肉の動き方はまた別の記事で後ほどご紹介します。