カテゴリー別アーカイブ: ピルエット改善部

ピルエットポジションの意識

ピルエットはダブルでもシングルでも、軸は同じです。
ダブルを回るからといって特別なことをするわけではありません。
シングル、ダブルは、バランスと首(顔)の切り替えしだけで
回ることが出来てしまうくらい、実はシンプルなことなのです。

そうは口でいっても簡単には出来るようにならないのが、
このピルエットですよね。

ピルエットの軸でひとつ意識していただきたいのが、
ルティレの状態でもお尻の下をキュッと締めることです!

お尻が開いてしまっていると、お腹も抜け腰が引けてしまいます。
そうするとどうがんばっても綺麗なルティレのポジションを保つことが
出来ないですよね。
ダブルで回るときは、二回分お尻をキュッキュッと締めてください!
そう意識することで、自然と下腹部と骨盤が起き上がります。
つまり後傾していた骨盤が立ち上がり、腰周りが正しい位置へ
入りやすくなることでポジションを安定させます。

もちろんこれだけで、回れるようになるわけではありませんが、
ひとつの気をつけるポイントとして頭に入れておいてください♪
これはシングルでも、ダブルでも同じですよ^^

ピルエットはここを注意しながら回る!

ピルエットは一言では言い切れないくらい注意すること、意識することは沢山あります!!それは、人によっても変わってきますし、回転が得意か苦手かでも変わってきますが、簡単にまとめていきたいと思います!

まずは、アームスのアンナヴァン!これは崩さないことが鉄則です!!肘を張ること!右回転の場合、左の腕が右の腕を追いかけてください。手がきちんと自分のみぞおちからずれずに、回るように保つことを意識してください!そうすることで脇がしっかり立ち、肩甲骨も横に張り、上半身を助けてくれます。

次に下半身です。プレパレーションからルティレに持ってくる足は床を感じて蹴るようにしてすぐルティレに持ってきます。ルルヴェに立つ足も同様に床を感じて足の裏全体で床を押してルルヴェしてください。

回るときのルティレは閉じてこないで開いたまま、お尻の下をキュッとしめて小さいお尻で回ってください。

スポットは、必ず回る前にどれを見て回るのかしっかり決めてください。なんとなく見るのではなく、しっかり見て顔を残します。それから素早く首を切り返してください!

そして最後はタイミング。腕を開いてから、アンナヴァンに閉じるときと、ルティレに立ち上がるタイミングを同時にします。そこからはバランスをとることだけ、上に伸び上がることだけを考えてみてください。たとえ首の切り返しを少し失敗してしまっても、ルティレの足が少し閉じてきてしまっても、上に伸び上がるバランスで回ることができれば、コツはつかめてきます!

ピルエットは練習すれば練習するほど、成果がでてきます。あきらめずに練習し続けてください!!

 

ピルエットが回れる人と回れない人の違いは・・・?

ずばり!一言で言えば、「タイミング」が良いか悪いかです。

ピルエットの場合、ルルベに立つ、という動作と回転という動作が同時に行われます。手を開くタイミング、手を集めてくるタイミング、立ち上がるタイミング、全てが上手くいけば、誰でも一回転なら綺麗に回ることが出来ます。

頭を空にして考えてみてください、一回転って、その名の通り、一回しか回らないんです!時間にしてみたら、2秒くらいです!そう考えると、その2秒のために、よし回るぞ!と力んでしまっては、バランスで回れるものなのに、成功を妨げてしまいます。

プレパレーションのプリエから一気に立ち上がるタイミングが良い人はすんなり一回転が回れると思います!手をアラスゴンドに開いたら、その手をとじてくると同時に、ルティレに持ってくる足、ルルベになる足も同時に立ち上がります。この3つが1つでもずれてしまうとタイミングがなくなってしまい、回る前から失敗ということになってしまうのです。

まずはこの3つのタイミングを合わせること、それを1秒でやったら残りの1秒は首を切り返すだけ、理屈で言えばこれでシングルピルエットは回れてしまうのです!

ですが、アンドゥオールすることや膝を開くことを考えるとどうしても、タイミングのことが疎かになりやすくなってしまいます。アンドゥオールすることも大事です。ルティレを開くのもアンナヴァンを崩さないことも大事です。

ですが、まず、タイミングを合わせることも頭の中に入れてみてください。バレエでは全てにおいてこの「タイミング」というのが大切になってきます!

重心とは・・・?

いったい重心はどこにあればいいのでしょう?

ピルエットの前段階として、まず、アテールで片足ルティレでバランスを取るとします。このとき、足に乗せる重心は、つま先寄りに立つと先生から言われることが多いですよね。ですが、つま先にいつでも立てるところ・・・に重心を持っていこうとすると、かなりつま先に体重がかかりますよね。そうすると、足の指に力が入り、太腿の前側、大腿四頭筋に力が入っていませんか?

つま先にいつでも立てるところ・・・といってもあまりつま先に重心を持っていってしまうと、太腿に力が入りかえって足が太くなりやすくなってしまいます。

アテールの場合、土踏まずのアーチの頂上あたりの場所から一本の線が内転筋を通るようにして上へ伸びていくイメージを持ちます。そうすると大腿四頭筋に力が入りにくくなるのではないでしょうか?バレエで活動させたい筋肉は外側ではなく内側の筋肉ですよね!

確かにかかとに重心をかけすぎては引き上げも出来ませんし、背が低いまま、腰の位置も低いまま動くことになり危険です。ですが、まったくもってかかとに重心がなくつま先に重心を乗せすぎてしまうと、大腿四頭筋ばかりが働いてきやすくなってしまいます。

足の裏の中心部分から1センチほど土踏まず側の位置に軸を突き刺すように意識してみてください!

なぜぐらぐらしてしまうのか?

ピルエットを回ろうとするろと軸足の膝が曲がりぐらぐらしてしまうことがあると思います。両脚で立っていたものから片足立ちになり、しかもドゥミポアントで回るのですから、最初ぐらぐらしてしまうのは当然だと思います。

ピルエットはルルベアップ(膝を曲げてから床を足の裏で押すようにして立ち上がる)なので、プリエの力を使って立ちます。この立つときに脚は床を突き刺すようなつもりで立つと安定して立つことができるのですが、この突き刺す力が足りないと、脚は上半身や回ることに取られて、ぐらぐらしてしまいます。

ピルエットでぐらぐらしてしまう方は、ルルベアップの練習をたくさんしてみましょう。腹筋が強い弱いの問題よりも、プリエの力を使って立ち上がることができれば、少しずつぐらぐらするのも改善されていきます!

四番ポジションのプリエから、ひたすらルルベでルティレのバランスをとるのを繰り返すのも良いですし、バーに捕まってアテールのルティレの状態から、軸足プリエ、アップ、プリエ、アップ・・・・と繰り返しやるのも良いと思います!足の裏や足首、指の力を強化することで、ぐらぐらを防ぐことも出来るので、腹筋や背筋だけにとらわれず、足の強化をすることにも目を向けると良いと思います!

ピルエットを回るときの目線

ピルエットを回るとき、(シェネやほかのターンも同様ですが)顔をつけなさい!スポットを取りなさい!とすごく言われると思います。

バレエのターンはフィギュアスケートのスピンと異なり、目が回らないようにするために、スポットを取ります。回り始めるときと、回り終わるときで同じところを見るのです。

バレエダンサーの回転を見るとよくわかるのですが、連続で回転するときほど、顔が正面(スポット)に向いている時間が長いのです。顔を残し頭の後頭部が一瞬で通り過ぎ、顔が戻ってきます。

目線は、見るところを決めたときに、なんとなくで決めるのではなく、確実にこれを見る点に決めます。例えばもしお稽古場で鏡の方を向いて回るときに、自分の顔を見て回るとします。そのとき漠然と「顔」にするのではなく、「目」とか「鼻」と具体的に決めます。そうすることで自然とそこを見ようとする力が生まれ、より集中することができます。

見るときも、ただなんとなく見るのではなく、ものすごい目力で見るように意識します。そうするといつもよりも見続けようとする力が加わるので。少し顔も長く残すことができます。

ピルエットは見る点を定めたら、そこを何があっても見続ける、回ったらまたすぐにそこを見るくらいの気持ちで回ると、首や顔を意識し過ぎなくても、少し顔がつくようになります!

踊るときの目線はどこにある?

皆さんはレッスンのとき、ピルエットに関わらず目線はどこにあるのか意識したことはありますか?

多くの方がやはり目線は下がりやすくなってしまいます。それは自信がなかったり、アンシェヌマンが不安だったりすることが理由のひとつだと思います。

目線が下がる=顔が少し下を向く

という傾向になりやすいです。ステージの上では照明が当たっても顔が少しうつむいている状態だと、暗くなってしまいます。舞台上の上では鎖骨の下辺りくらいの胸の位置がお顔になると思ってください。その顔の部分をライトに当てようと思うと、自然と顔の位置も目線も上がると思います。また、目線が下がって伏せ目になってしまうと、「目の表情」もなくなってしまいます。

舞台上では目も照明が当たると光ります。ずっと伏せ目になってしまうと目の表情もなくなってしまい、笑顔でも笑っているように見えなくなってしまいます。踊るときは顔、目の表情もとても大切なのです。

ピルエットはコマを回す動きと同じ?

コマが回っているのを思い出してみてください。

コマは物体の中心に一本の軸がありますよね。そこが中心になり、くるくると回ります。バレエのピルエットもイメージは同じです。体の中心に一本の軸があります。コマを安定して回すためにはコマの軸と床が垂直である必要があります。ピルエットも同様に軸として床に突き刺して立っている足と、自分の体の重心が同じ一本の線上に乗っていること、これが軸の上に立つということになります。

ただ、コマを回すときはたくさん回そうと思うと遠心力を必要とします。勢いをつけようと思って、回す方向と反対側に少しためを作ってから回すと思います。コマは少なくとも10回以上は回すと思うので、床と軸が垂直であればブレることはあまりないのですが、ピルエットで1回転や2回転しかしない場合、回る方と反対側に上半身を引っ張ってしまうと、遠心力で回ることになってしまいます。

ピルエットは、勢いをつけて回るものではないので、バランスを保つことを頭においてください。イメージはコマが回るように・・・でOKです!プレパレーションで振り回すような勢いをつけないようにだけ注意しましょう!

 

ピルエットに遠心力は必要か・・・?

結論からいきますと、遠心力は必要ありません!10回転くらい回るのであれば遠心力はある程度必要になってきますが・・・(笑)

3回転くらいまでは少なくともバランスで回る意識を持ってください。特にトウシューズを履いた場合などは、バランスさえ取れていればシューズが勝手に回ってくれます。バレエシューズより回転数を多く回るのであればトウシューズのほうがやりやすいかもしれません。

ピルエットは回転数が増えれば増えるほど伸び上がっていくと思ってください。上に伸び上がる感覚さえ掴んでしまえば、力を入れなくても楽に回れるようになります。

回ろうと思うと、どうしても腕を振り回してしまい、遠心力で回ってしまいがちです。上に伸び上がるためにプリエでしっかり床を押し、足の裏で床を感じる必要があります。

回転は力で回るのではなく逆に力を上に抜いて回ります。プリエからパッセに立つ練習を沢山してみてください!そこの感覚を忘れずに回れるようになれれば今よりも楽に回ることができるようになります!

 

ピルエットを回るにはどこの筋肉を鍛えたらいいの?~下半身(ハムストリングス、内転筋郡)編~

バレエを踊る上でとても大切な下半身の筋肉がハムストリングス(腿の後ろ側)と腿の内側の内転筋郡です。この二つを鍛える方法を紹介します。

①まずはハムストリングスから!色々な方法がありますが、まずうつ伏せに寝ます。そこから足を肩幅ぐらいに開いて両足を空中に上げます。足はアンドゥオールをしてください。内向きにならないように注意しましょう。そうしたらその状態でカトルをするように足を左右交互に重ねます。最初は右脚前五番に閉じて、横に少し開く、左足前五番に閉じる、横に開く・・・これを素早く繰り返してください。このときにお尻と太腿の境目のところに意識を持っていきましょう。お尻の下もキュッキュッと縮めるようにやってみましょう。これを何十回と繰り返してください。段々とハムストリングスが辛くなってくると思います^^

②次は内腿の鍛え方です。①の方法でも鍛えられますが、より意識するには、まず1番ポジションに立ちます。そこから膝が伸びたままドゥミポアントにあがろうとしてください。その際かかとが離れる前ぐらいで静止してください。踵をつけたまま少し浮かすような感じです。X脚の方は無理に踵をつけなくて良いので、踵と踵の距離が開く寸前ぐらいで静止してください。踵が上がりきってしまうと外側の腿にテンションがかかりやすくなってしまう方が多いと思います。このくらいだと内腿から膝、ふくらはぎの上辺りまでを話さずくっつけようと内側に内側に力が働くことで内転筋が意識されます。

この二箇所の筋肉がプリエから立ち上がるときのバネの役割をしてくれるので柔らかく強い筋肉を作っていきましょう!